【設立趣旨】

日本の伝統文化であるもちつきを、新しいコミュニケーションツールとして提供・啓蒙し、新たな人間教育・コミュニティ形成・食行くに役立てる。

【スローガン】

人と人、もっと付き合おう!

私たちは「もちつき」を通じて、心温まるコミュニティを形成していきたいと考えています。人の輪ができ、喜び、幸せな気持ちが集まる…「もちつき」は、日本におけるもっとも身近なお祝い事として社会に根付いていたはずです。経済優先、効率優先、成長優先という昨今の世情だからこそ、人と人の触れ合いを見つめ直す必要があるのではないでしょうか。「もちつき」を普及させることで温かなコミュニティを創り上げていきたい、私たちは、心からそう願っています。

1. 日本の「米」文化における、餅料理や餅文化を継承・保守していこう
2. もち米生産の保守・拡大を促進し、質の高い文化の礎としよう
3. 餅つきを通して、子どもたちの人間形成・食育を図っていこう

【スローフード】

日本もちつき普及協会は、世界中で行われている「スローフード運動」に賛同しています。
食卓を共有する時間を、ゆっくり・のんびり、大切に過ごしたい…スローフードとは、食の楽しみを人類へ呼び戻そうとする運動のことです。北イタリアの小さな町で始まったこの運動。人と人のコミュニケーションを再興しようという考えは、国や人種を限らず世界中に広まりつつあります。私たちは「もちつき」を普及させることで、日本の文化・コミュニティの再興を促進してまいります。